赤字を出してしまったら...
経営が行き詰まっているからと、どこからもお金が借りれないというわけではありません。

会社が赤字になった理由を突き止めたことはありますか!?

皆さんご存知の通り、赤字とは支出が収入より多いことを言います。数字を曖昧にしていたり、どんぶり勘定の社長さん、けっこうおられますよ。家庭内の家計簿とは違います。ここはしっかりとするべきですよね。従業員のモチベーションにも繋がってきます。

赤字だからと言ってすぐに倒産するというわけではありませんし、黒字だけど倒産してしまうこともあります。
黒字倒産とは、売り上げは黒字でも、売掛金を回収できていない状態です。売掛金を回収できないと手元の資金(現金)がなくなってしまいます。これでは経営が立ち行かなくなり...倒産という形になってしまうのです。

どんな資金でもおまかせ!事業の資金が借りたい方へ。
つなぎの資金を今日中に準備したい時はこちら!

事業資金を借り易くするためには?

事業資金は銀行で借りるに越したことはないですが、いったん赤字を出してしまうとチェックが入ってしまいます。一過性の赤字や創業5年以内の赤字、経営者に資産がある等、このような場合は問題ないようですが、回復の見込みのない赤字は銀行からの融資はストップします。なので、会社の現況に合った融資会社を探す方が賢明です。

公的機関と金融機関

事業資金の融資は色々なところで受けられます。
事業の資金というと、事務用品や不動産の初期費用のほかに、
・店舗内装などモノの購入や契約などのスポットで発生する資金の [ 設備資金 ]
・商品仕入れや人件費、外注費、広告宣伝費など継続的に発生する資金の [ 運転資金 ] の二つに分かれます。
短期的か長期的かで区別するとわかりやすいかもしれません。

どんな資金でもおまかせ!事業の資金が借りたい方へ。
つなぎの資金を今日中に準備したい時はこちら!

以下は、そんな事業資金が借りれる公的機関や金融機関です。

日本政策金融公庫 新企業育成貸付
企業活力強化貸付
セーフティネット貸付
企業再生貸付
地方自治体 補助金
助成金
銀行 信用保証付き融資
プロパー融資
消費者金融 ビジネスローン個人事業主向け
不動産担保ローン
事業資金専門のところ ファクタリング

出来る事なら、書類は少ない方がいいまたは簡単に用意できるものがいい!
運転免許証や健康保険証、住民票や印鑑証明は役所に行けば簡単に取ることができますが、見積書や試算表、事業計画書など自分で作成しなければならない書類は、時間もかかる上に専門家に外注することになるかもしれません。お金を払って書類を作ってもらうなんて資金を集めている時は特に痛い出費です。
書類に不備があると、審査が通りませんし、作り直しをする時間もないと思います。

まとめ

資金調達はより早くより確実にする為には、提出書類は少ない方が、そして簡単に入手できるものが良い。
本題に戻りますが、事業資金を借りやすくするポイントは、審査がゆるいところを選ぶ事です。これに限ります!

ここなら、お申込みから審査結果までお待たせしません。
経営赤字でもここなら事業資金が借りれます!


ここは、赤字でもビジネスローンが借りやすいことで評判です。

経営がうまくいっていない時も、すでに決算で赤字を出してしまった時も、一度相談されてみてください。

Copyright© 赤字経営でも借りれる貸してくれる金融会社! , 2018 All Rights Reserved.