ファクタリング

事業資金が必要な時のファクタリングは最善の方法なのか!?ファクタリングのリスクを考える。

投稿日:

ファクタリングの歴史

ファクタリングの発祥地はイギリスと言われていて、歴史も古く1600年代からあったそうです。
その後、アメリカでも利用されるようになり、1970年代に日本に伝わってきました。
100年以上の歴史があるファクタリングは、アメリカでの普及率は高く、市場規模は日本の5~10倍。アメリカの高度経済成長を支えた仕組みの一つというわけです。

日本でのファクタリング普及率

日本でも1970年代から徐々に浸透してきたファクタリングですが、初めのころは普及率は悪く、ファクタリングを利用していたのは大手金融機関のほんの一部だったようです。日本人の性格、義理と人情でしょうか...日本では手形取引が主流でした。手形取引とは、「今は現金がないけれど〇〇日にまとまったお金が入るから、それまで支払いを待ってほしい、〇〇日に決済します」というものです。
この手形取引もバブルの崩壊によって減少し、ファクタリングが多くの企業に利用されるようになったそうです。

ファクタリングを利用したいとお考えの方はこちら!
ファクタリングはここからどうぞ!

ファクタリングのメリット・デメリット

まず、ファクタリングがどういったものなのかおさらいします。
ファクタリングとは、製品・商品の販売やサービスの提供が完了していて請求書も出しているけれど、まだ入金ができていない、1年以内に回収が見込まれている資金「 売掛金 」を買い取り、現金化することです。
とても便利そうで、すぐにでも利用したいと思う資金の調達方法ですよね。しかし、何にでも落とし穴はあるものです。ファクタリングにもきっと...

ファクタリングのメリット

  • 売掛金の買い取りなので負債にならない
  • 資金調達によるキャッシュフローの改善
  • 売掛金の管理・回収という煩わしい業務をしなくて済む
  • 売掛金が回収できないというような、貸し倒れが回避できる

ファクタリングのデメリット

  • 3社間ファクタリングだと取引先(売掛先)に通知や承諾が必要になるため、経営状態を知られるなど後々のリスクがある
  • ウィズリコースだと、万が一、取引先(売掛先)が倒産した場合、買取り代金を支払わないといけない
  • 売掛金の買い取り時に手数料が発生する

3社間ファクタリングやウィズリコースは、回避できるデメリットでもあります。
取引先(売掛先)に知られることのない2社間ファクタリングに、取引先(売掛先)が倒産しても支払い義務のないノンリコースのファクタリングに。ファクタリング会社を選ぶことで、この二つのデメリットは回避できます。

そもそもファクタリングを利用したいと考えるときって...

ファクタリングを利用しようと考える方は、会社の経営状態がよくないと思うのです。でなければ、銀行から融資を受けているはずですから。それか、融資を受けなくとも、事業はうまいこと回転している...ですよね。
銀行から融資を受けられない、断られている、ストップされたということは、経営不振、つまり赤字。事業の運転資金が足りないから売掛金を買い取ってもらって現金化したいと考えているのだと思います。
どこの会社にも、売掛金の回収がうまくいかないことはあると思いますが、一度や二度回収が遅れたからと言って経営が傾くようでは、いつ赤字になってもおかしくはない状況にあると思うのです。

ファクタリングか?ビジネスローンか?

赤字を出したからと言って、ビジネスローンが組めないわけではないので、ファクタリングを利用する前にもう一度考えてみた方がいいかもしれません。ファクタリングを利用する場合、取引先に絶対に知られないという保証があるかどうか、ファクタリングとビジネスローン、現状に合う資金調達方法はどっちか、難しい問題ではありますがこの先の会社を左右してしまうかもしれないですものね。

赤字でもここで事業資金が借りれます!


経営不振、赤字でもご相談ください。

-ファクタリング
-, , , , , , , ,

Copyright© 赤字経営でも借りれる貸してくれる金融会社! , 2018 All Rights Reserved.