事業資金の基礎知識

資金繰りがうまくいかない時の対処法

投稿日:

追加融資も危うい状況だと思います。ですが、その追加融資は銀行からの融資ですよね!?
だとすると、他に目を向けてみるといいかもしれません。

事業資金の融資をしているところ

運転資金や設備資金といった事業のお金は色んなところから借りる事ができます。銀行以外にも、国や地方自治体、返済の必要がない助成金もありますし、今一度、どこで会社の資金が借りれるのか確かめてみましょう。

➀日本政策金融公庫
➁地方自治体
➂銀行
➃消費者金融
➄事業資金専門のところ

私が思いつくだけでも、5つありました。他にもまだまだあるかもしれませんが、ここでは上の5つについて考えてみます。

資金繰りが厳しい状況なわけです。なので、➀・➁・➂は融資を受けるには厳しいと思います。
では次に、➃。
ここでいう➃はモビットやプロミスといった皆さんもご存知の大手消費者金融のことと、世間にはあまり知られていないかもしれませんが、金融庁にもしっかりと登録してある、登録しないと国が認定する正規の会社にはならない消費者金融、中堅クラスの消費者金融の二通りあります。
➃-1 大手消費者金融、➃-2 中堅クラス消費者金融と呼ぶことにします。
➃-1には、ビジネスローンというローンプランがあまりありません。ここでご紹介できるところは2つ。資金使途自由のフリーローンというプランがありますが、このプランは事業性のあるものには使えません。
その点、➃-2には、ビジネスローンというプランがあります。限度額も様々で、中には1億円のところも!
そして、次に➄。
➄の事業資金専門のところとは、ファクタリングの会社を指します。ファクタリングとは、融資という方法でお金を借りるのではなく、売上金を現金変えてキャッシュを作る事を言います。モノの売買のように、ファクタリング会社に製品・商品の納品やサービスが完了し請求書も発行済みだけど、まだ回収できていないお金いわゆる売上金を買い取ってもらうのです。

消費者金融のビジネスローン

➃-1 大手消費者金融
事業の資金が借りれるところはこちら!
大手消費者金融でも事業の資金を借りる事ができます。メリットは金利が低めという事と、融資会社によっては、無利息期間を最大で30日間設けているということです。30日以上借りる事になるとは思いますが、それでも、30日分の利息が0というのは大きですよね。

➃-2 中堅クラス消費者金融
経営が赤字でも借り易いところはこちら!
ここは、大手消費者金融ですでに借りたことがある方や、申込んだけれど審査に通らなったという方に特におすすめします。経営が傾いている事業主の方でも比較的借り易いと言われています。大手のように審査基準にマニュアルがなく、会社ごとに審査基準が違います。それぞれの会社が独自の審査基準で審査を行っているので、ローンが組める確率がグンと高いのです。

事業資金専門のところ

➄ ファクタリングの会社
ファクタリングで資金を作りたい方はこちら!
ファクタリングは融資とは違うので、負債ではないため、信用情報機関に記録が残る事がありません。ファクタリングを利用することで売上金の未収入金が減少し現金が増え、キャッシュフローが改善するかもしれません。

-事業資金の基礎知識
-, , , , ,

Copyright© 赤字経営でも借りれる貸してくれる金融会社! , 2018 All Rights Reserved.