経営不振でもOKなローン 事業資金の基礎知識

倒産と廃業を避ける為には!?

投稿日:

倒産とは...!?

倒産いう定義はありませんが、企業が債務の支払いが不可能になったりと経済的に破綻していることをいいます。
倒産と似たような言葉に廃業といものがありますよね!?倒産と廃業が同じ意味ではない事はご存知ですよね。
倒産は経営が成り立たなくなり、従業員の給料や取引先への支払いが出来ない状態。一方、廃業とは、このままでは経営ができなくなるということで、経営者が自ら会社を辞めてしまうことです。自主的に辞めるわけですし、廃業する前に従業員への給料も支払いますし、取引先への支払いもきちっとします。倒産は周りに迷惑をかけてしまいますが、廃業はそうでもないというような感じです。ですが、もちろん、取引をしていた会社からしてみれば、取引先がなくなるというマイナスはありますよね。

倒産はそんなに珍しくない!?

年間にどのくらいの会社が倒産しているかご存知ですか!?
東京商工リサーチが2018年に発表したデータをみると、2017年の企業倒産は27年ぶりに低水準らしいのです。が、負債額は6割近く増加。低金利での借入が可能になったことから、資金繰りが改善されたことが要因でしょうか...
しかし、負債を抱えたままの経営ではいつ倒産に陥るかわかりません。倒産はしていないけれど、常に倒産の危機と隣り合わせ!?
ちなみに、2017年の倒産件数は、605件となっています。

倒産の理由は?

  • 取引先の減少
  • 組織に発展がない(古くても構わず成長しない)
  • 社長の無駄遣い
  • 投資の失敗
  • 連鎖倒産

倒産しないためには!?

簡単にいってしまうと、現状に目を背けないでしっかりと向き合う事です。資金繰りの状況を把握して、もしもの時の対策を練っていれば、このままでは数か月後には資金が枯渇してしまうとなったときでも、迅速に動くことが出来るはずです。
経営に不安があるからこそ目につく[ 倒産 ]や[ 廃業 ]といった言葉。今のうちから資金を調達しておくことも対策かもしれません。

もしも、既に赤字でお困りの方がいましたら、こちらをおすすめします。
経営不振では、銀行からの融資は厳しい、もしくは無いに等しいですから、他を探す方が賢明です。
赤字でも事業資金を借りる事ができるところがあるのでご案内します。

事業資金の調達におすすめの所はこちら!
経営が行き詰まっている、成り立たなくなりそうなときでも借りれる確率が高いところを一覧にしています。

事業資金の調達は、お金の借入だけとは限りません!

こんな方法もあることご存知ですか!?

ファクタリングに興味がある方はこちら!
売掛金を買い取ってもらい現金化し事業の資金にする方法、ファクタリングで経営不振を乗り切る!

-経営不振でもOKなローン, 事業資金の基礎知識
-, , ,

Copyright© 赤字経営でも借りれる貸してくれる金融会社! , 2018 All Rights Reserved.